オートマが滑った!交換工賃ってどれくらい!?

オートマ車の変速機、その滑りの状況と修理料金

オートマチックトランスミッションが滑る!調子がよくない!

今、どのような症状が出ていますか?

・ギアが入らなくなってしまった
・シフトチェンジしない
・シフトチェンジの際に滑る
・特定のギアが滑っている
・変速の際に大きなショックを感じる

ここではAT(オートマチックトランスミッション)が滑る状況ごとに原因と対処法を説明していきます。

ギアが入らなくなってしまった・シフトチェンジしない

シフトレバーは動かせるが、ギアが1速に入らなかったり、リバースに入らなかったりする。

あるいは、1速でスタートしても2速にシフトアップしない。

ギアチェンジはするが、滑りながら変速している…。

このような状態は、ATを構成する部品の、ブレーキバンドが劣化していると考えられます。

”01:25”あたりの「ハイギア」のところから、
”03:30”くらいまでの動画

を、見ていただくとよく分かると思います。

基本的にブレーキバンドが効いていない状態では、(車種によりますが)ギアは3速あるいは4速に入っており、エンジン側が1回転するとタイヤ側も同様に1回転します。

ですので、ギアが1速、2速の場合は、ブレーキバンドが常時押さえた状態になるのですが、

・経年劣化、老朽化
・乱暴に扱ってきた
・急な発進を多用してきた
・強引なシフトダウンを続けていた
・走行距離が多い

というような原因により、ブレーキバンドがヘタってしまい、抑制できなくなってしまい、

ATが滑るという症状が現れた

というのが理論的な見立てです。

オーバーホールは不可欠

動画の03:20くらいに説明がありますが、こうなってしまうと

AT本体をバラしてのオーバーホール

が必要となります。

シフトチェンジの際に一瞬滑る場合

シフトアップの際に、ウィーン!とエンジンの回転数が上がりギアチェンジする。

このケースもブレーキバンドに原因があります。だからといって完全に滑るところまでは至っておらず、

ブレーキバンドが劣化しかけている

というような状態です。

しかし、近いうちにギアが入らなくなるなど完全な故障に至るのは避けられないと考えられます。

やはりオーバーホール

このような状態でもやはり、

AT本体をバラしてのオーバーホール

を行い、ブレーキバンドを新しいものに変える必要があります。

そのまま走り続けることは、徐々に状態を悪化させることはあっても、

決して直ることはない

ことははっきりと言えます。

変速の際に大きなショックを感じる

この症状もブレーキバンドが原因となっている可能性が高いです。しかしカー用品店などで、

変速ショックを解消する!というようなキャッチフレーズ

でAT添加剤が売られているのを目にしますが、変速ショックの原因は、そのほとんどがブレーキバンドの滑りであるため、

オイルは関係なかった

というケースが少なくありません。

中には、「症状が改善しなければ返金」などと保証を打ち出して売られているものもあり、それに釣られて購入してしまう人もいるようですが、

返金保証の対象はオイル代のみ

で、

そのAT添加剤を使用したことで、詰まりなどの異常が発生し、

もしオートマチックトランスミッションが壊れてしまったとしても、それは保証の対象外

となることが、よくよく説明を読むと判明します。

極端な言い方をすると、AT添加剤を入れることで下手をすると、

AT本体の故障に繋がってしまうこともある

ため、これで壊れても諦めがつくというような状態でなければ使用はおススメしません。

AT添加剤の使用は

ATを壊してしまう可能性もある

と腹をくくりましょう。改善どころか改悪となるケースも少なくないため、

純正のオートマオイル(ATF)以外は使用しないように

とメーカーが主張していることを、無視してはいけません。

コメント