ハイエースバンでもワゴンでも人気はとても高い!

~中古車で売るのも買うのもとても高値で取引されています~

ハイエースは、ハイエースバンやハイエースワゴンなどのタイプがありますが

中古でも人気で高く売ることができる

のが特徴です!

新車時から3年後なら新車価格から65%~75%ほどの値段で買取してもらうことができます。5年経過した場合でも半分以上の価値が残り、

いかにハイエースが中古で人気

であるのかがわかります。

何故高値で取引されているのかというと、機能が優れており、商用車として海外でも人気が高いからです。海外への輸出需要があるので、その分他の車と比べて高値で売ることができるわけです。

実際、その人気を裏付けるようにハイエースの車両盗難数は多くなっています。特に新興国では劣悪な環境でも素晴らしい性能を発揮するので人気が高いです。

ハイエースの買取価格はどれくらい?

~具体的な金額は買取査定を申し込むとすぐにわかるけど、古いハイエースでもとても高いのは海外需要があるから~

ハイエースの平均買取り価格は、買取価格を比較できるサイトによると…

現在1,810,000円です

これは、様々な年式・型式の物を合わせた平均の価格であるため

具体的な金額を知りたい場合は

買取査定に申し込む必要があります

ネットで愛車の年式や走行距離を入力するとすぐに結果が出るサイトもあるため、知りたい方はそちらで調べてみると良いでしょう。

古いハイエースでも高めの査定額になることも多いです

その理由は…

アフリカで活躍するハイエース

海外(特にアフリカ大陸)などの新興国で需要があるからです。

日本では古くなっても、海外では需要があるのがハイエースの特徴です。そのため、新しいタイプは高いですし、古くてもほかの車なら値段がつかないのに、ハイエースなら付くということが良くあります。

買取査定金額や相場を簡単に調べる方法

~代表的なのは車の一括査定などを申し込むこと。無料で申し込める&必ず売らなくてもいいので気軽に使ってみよう~

車を売る際に一番得する方法は、複数の買取業者で査定してもらい高く見積もってくれた業者に売却する事です。

最も簡単な方法として一括査定サイトを利用すると数分で結果が出ると共に無料で利用できます。


一括査定サイトを利用する前にパソコンやスマホの他に車検証とメールアドレスを準備するのですが、仕事やプライベートで使うメインのメールアドレスを登録するのは注意が必要です。

なぜなら…

メールマガジンなど余計な広告なども送られてくるので

フリーメールを利用することをお勧め

します。

次に一括査定サイトの画面の指示に従って様々な情報を入力すると瞬時に複数の買取業者から査定額が提示されメールアドレスや電話で結果が通知されます。

この時、買取業者によって差額が生じるので自分の車の相場がどれくらいなのか把握でき、比較してから実車を見てもらい最終的な査定額を提示してもらう流れとなります。

100系ハイエースの買取価格

~まだまだ人気の旧型100系ハイエース。日本で使われた後は海外へ輸出される。壊れないトヨタならではの人気~

100系ハイエースは、トヨタのワンボックスカーで、おもに事業用や商用バンとして使われる車種です。

事業用と自家用の両方でニーズがあり

  • ・高い積載性
    ・良好な視認性
    ・運転のしやすさ
    ・高い耐久性など

国内外において多くの人に使われています

このような100系ハイエースは、たとえ廃車寸前の中古車であっても…

海外、特に発展途上国で高い人気

があります。

その最も大きな理由は、高い耐久性です

発展途上国の人々にとって、車は簡単に手に入るものではないため、車を選ぶ時の最も重要な基準は過酷な環境下でも故障することがない

高い耐久性があるか?

が決め手になります。

こうした背景から、走行年数が10年で走行距離が10万kmという、中古車査定では逆に引き取り費用を請求されてしまうような車体でも、廃車買取査定であれば、少額であっても値が付く場合があります。

200系ハイエースの相場動向

~200系ハイエースは日本国内でもリユースされるのでとても人気。故障の少なさも人気の秘密と言えます~

200系ハイエースは非常に頑丈で過酷な環境にも耐えてくれることから

中古でも高い需要があります

世界中で引く手あまたの車であり、新車が好まれる日本においても中古車の取引が活発に行われているため、状態問わずに高値になりやすいのが特徴です。

普通の車では値がつかないような10万キロや20万キロを超えた車両であっても、50~60万円程度で販売をされていて、それでも買い手がつくところからこの車の信頼性の高さが伺えます。

200万円前後で取引されることが多いので、平均的な相場はこのあたりになりますが…

装備や状態によってはこれ以上の金額で取引されるものも珍しくなく

300万円以上での販売も多数あります

多少年式が古くても値が付きやすく、相場としては全体的に高値で安定しています。

輸出される車は買取相場が高くなる?

~ハイエースだけじゃない。海外へ輸出される車は買取相場が高くなる傾向にあるようです。なぜなんでしょうか?~

・初度登録から年月が経過した車両
・走行距離が10万kmを超えている車両
・修理歴が多い車両

などは日本国内の一般の自動車買取店に持ち込んでもほとんど値がつかないことが多いです。

しかし、海外への輸出が可能な場合は買取相場がアップし

思いもよらぬ価格で買い取ってもらえる

ことがあります。

輸出対象車の高額買取が可能なのは、輸出先で日本車の需要が高いことが主な理由です

日本製の自動車は、全般的に他の国で製造されている車両と比べて

品質が良く、丈夫で長く乗り続けられる点

などが理由で海外でも人気があり、多くの人に買われて現地で乗られています。

走行距離や初度登録年月といった査定においてしばしば左右される要素は

輸出が予定されている車両に対しては無関係です。

10年落ち40万キロでも高値で取引されてる証拠

~ハイエースはそんな低年式で多走行でも値段がつくのはなぜ?輸出される車は低年式・多走行は気にされない実情~

通常、10年以上経過した中古車や10万キロ以上走行している中古車の買取は、ほとんど期待できなくなるものです。

「10年10万キロ」

というのは一昔前の車の寿命の考え方であり、今の車はまだまだ乗れるのですが、イメージが良くないために買取価格も急激に落ちてしまうのです。

ところがそのような中にあっても10年落ちで走行距離が40万キロを超えているような

多走行車であるにも関わらずきちんと売れてしまう

のがハイエースです。

これは…

ハイエースの耐久性の高さ
・海外での知名度の高さ
・安心のTOYOTA製である

ことが大きな理由となっています。

仮に日本で売れなくても海外で売れれば値段はつくのです。

またハイエースを購入し、自分の好きなように色々と手を加えたいという人の需要もあるようです。

ハイエースは下取りと買取どっちがおすすめ?

~下取りなら減価償却計算で価値はゼロでも買取なら人気と不人気でいくら古くても値段が付きます~

ハイエースを下取りに出すべきか買取に出すべきか、迷っておられる人もいるでしょう。

一見、同じように感じる下取りと買取ですが、実際にはどちらがおすすめなのでしょうか。

結論から先に述べますと…

下取りよりも買取のほうがお得

であることが分かります。

なぜならハイエースは多くの人が想像している以上に人気が高い車であって、古かったり走行距離が長かったとしても比較的高い査定が降りるからです

それでハイエースの下取りでは減価償却計算で価値はゼロになるような古い車であっても

買取の場合であればたとえ古くても結構な値段がつくと言われています。是非ハイエースを売りたいと思う場合は

下取りではなく買取を選ぶように

しましょう。

全体的な下取り相場の傾向とは?

~下取り相場と買取相場の違いとは?下取りは赤本ベースで買取は”中古車相場”がベースなので買取の方が高いのは必然~

下取りは、新車を購入するときにディーラーに引き取ってもらうことです。

その相場が下取り相場で、主に赤本ベースで値段がつけられます。

赤本とは、RedBookという名前の車の価値を記している本です。こちらには相場が記されているため、よほどマイナーでなければ現在の価値を知ることができます。

ただし、具体的な中古車相場は日々動いていますが、それを反映していないこともあるので低めになります。買取りは現在の需要がそのまま価格に反映されているため、人気がある車種であれば高く買取りをしてもらうことができます。

下取りは低く、買取は高くなるという一般的傾向にありますので

高く処分したいと考えているなら買取

を選びましょう。

高く売りたいなら売却相場を知ろう

~売却相場を一括査定などで知ることで高く売るための金額がわかる~

仕事での通勤で、毎日のように使用しているのが自家用車となり、現代では車無くしては、仕事もままならないほど必要なものとして重宝されています。しかし、自分の愛車もそれなりに年数を経てくると、車検も初回の3年から次回では2年と短くなっていきます。

しかも走行距離が多くなるにつけて、車体の価値が低くなっていくことは避けられず、いつしか車も買い替えの時期を迎えることになるのです。

そのような時に役立つのが一括査定であり、今の愛車を高く売るためには、数社からの見積もりを取り

売却相場を知ることです

自分の車が、いったいいくらで売却できるのかを知ることはとくに重要であり、そのために

一括査定を利用するのが得策

といえます。

ハイエースの売値相場はとても強含み

~ハイエースの相場はとても高いので、査定などではガンガン強気で交渉するべし~

ハイエースは、国内外問わず非常に人気の高い車です。

走行距離が長くなっても他の車と異なり高値で買い取ってもらえる車ですので

売値相場を知って強気で価格交渉に臨む

のが損をせずにハイエースを売却する方法です。

ハイエースは商用バンとしても日本では最も人気で高級な部類ですし、キャンピングカーのベースとしても人気です。

また、海外需要も非常に高い車ですので走行距離が伸びていても十分に強気で価格交渉が出来ます。

一括査定サービスなどを使えば大体の相場がわかりますので、まずは査定サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

店舗で売却の交渉をするときには相手のペースに乗らずに

強気のペースを崩さないように

するのが損をしない方法です。

ハイエースを買い替えたい!ならお得な乗り換え方とは?

~ガリバーのクルマコネクトに登録するなどして安く探し、ハイエースは一括査定などで高く売ろう~

普段ハイエースを仕事などで利用しているという方はすくなくありません。

長年同じ車種を利用しているという場合、買い替えを検討している方は増えてきています。

ただ仕事の合間に買い替えをするのはとても手間がかかりますし、現在使用している中古車を売る際に、適正価格で査定をしてもらえる買取専門業者に依頼するのは面倒だという方は多いです。

そこで人気になっているのが

「ガリバーチャットサービス」

に登録をして一括査定を受ける方法です。

ガリバーチャットサービスは、スマートフォンを利用して空いた時間にチャットでアドバイザーに希望を伝えておけば

プロのアドバイザーが丁寧に最適な車

を提案してくれるので、手が空いた時に確認するだけで相談が行えます。

ハイエースを査定させる時のポイントとは

~意外と見られてるドアの継ぎ目や給油口を空けたところ。そんなところを綺麗にして査定に臨もう~

耐久性や積載量の多さから使い勝手が良いとされて人気があり、中古市場でも高く評価されている車種の1つがハイエースです。その耐久性が中古であっても発揮される事を証明出来るかが、中古販売店にとっては重要なポイントになります。従って査定においては、意外に細やかな部分をチェックされる車種でもあります。その中でもポイントとなり易いのが、ドアの継ぎ目と給油口を空けた箇所です。

ドアの継ぎ目に関しては、縁の部分と合わせて昇降の際にぶつけたりしていると傷が付き易い部分になっています。

ここが綺麗である事は、ハイエースを売却する所有者が、車両の扱いに気を付けていた事の証明に繋がり、査定額アップが期待できます。


また給油口を空けた箇所は通常、清掃が行き届き難い部分です。

ここが綺麗である事も丁寧に車を扱っていた証明になるので

査定において好意的に見られる点となります。

200系ハイエースってどんなクルマ?

発売年月やどんなラインナップがあるのかを徹底紹介!

200系のハイエースはワンボックス車として完成しており究極のスタイル車と言われています。

・高いユーティリティー
・高品質な装備
・経済性と安全性の両立

など全てにおいてバランスが良い車です。

デビュー後15年が過ぎても、フルモデルチェンジをしない為今でも安定の人気と言われています。

初代200系の1型の発売日は、2004年の8月です。そこからディーゼルエンジンの大幅な改良が加えられ2型が発売され、2007年8月に発売されました。装備を増やし、ディーゼルエンジンの改善が進んだ3型は2010年7月に発売され、今では最新モデル4型まで発売されており、2013年11月に発売されています。

 

ディーゼル車に力を注ぎ、軽油で走行する事ができる為

遠出やアウトドアにも適した車

としてとても評判が高い車です。

100系ハイエースってどんなクルマ?

発売年月や生産終了年月、そしてどんなラインナップがあったのかを徹底紹介!

100系のハイエースは、1967年に初代モデルが誕生してから数えて4代目のモデルとなり、1989年から2004年の期間販売されたライトバンタイプの車で、救急車やコミュニティバスなど特殊用途自動車としても幅広く利用されています。

100系の特徴は、新開発のエンジンが搭載され高級感が増した内装となり、デラックスやカスタムなどエンジンや装備や乗車定員などで約25種類のグレード構成となります。

1993年と1996年と1999年にマイナーチェンジを行い、特別仕様車や排ガス規制に適合した改良などを行い2004年に5代目モデルが登場し生産終了となりました。

また、ハイエースは日本国内のみの販売ではなく欧州などでも販売されているので人気車種だった事が言えます。

関連キーワード
車買取の関連記事
  • 愛車を高く売るには|車の売り方さまざまをご紹介!絶対高く売ろう
  • トラックやダンプの買取|すぐに売るか相場を知るか。まず確認ですね。
  • ハイエースの買取や買取相場
おすすめの記事
ハイエースの買取や買取相場
車買取
ハイエースバンでもワゴンでも人気はとても高い!~中古車で売るのも買うのもとても高値で取引されています~ ハイエースは、ハイエースバンやハイエ...