エンジンからガラガラやカラカラした音が聞こえていると要注意。何かがおかしくなって悲鳴をあげています。

ここではさまざまなケースを想定しながら解決の方途を探っていますのでご覧下さい。

エンジンカラカラ音の原因追求の前に


※深夜や外出時の音量注意※

エンジンからのカラカラ音は程度の大小こそあれど、大抵がこうした動画のような音なのではないでしょうか。もしこうした音であればそこでまずは確認していただきたいのが以下の3つ。

1エンジンからの音かをチェック

まず、本当にエンジンの音かを確認してみて下さい。

アイドリングの停車状態でエアコンをOFF、ステアリングを切ったりせずに、動画のようにエンジンの空ぶかしを2度、3度行います。その状態でエンジン回転数に合わせて音が出ていたり、大きくなっているのなら、間違いなくエンジンからの異音であるといえます。

そうではなく、エアコンをONにしないと音が出なかったり、走行中の速度に応じての異音は、エアコンコンプレッサーやハブベアリングの異音が考えられます。なのでまずは音の出処を確認するようにしましょう。

2オイル量をチェック

エンジンの音であると確認したら、次はエンジンオイルの量を確認してみましょう。オイルレベルゲージを抜いて一度拭き取り、もう一度入れてすぐに引き上げます。

そしてオイルがゲージの凹みの間に付着していればOK。HIとLOWのマークの間にオイルが付いていれば問題ありません。

オイルがきちんと適量入っていること。これが大前提となります。

3必要であればオイル交換も

前回オイル交換をされたのはいつ頃ですか?

エンジンオイルは半年または1万キロのいずれか早い方などと言われていますが、これはあくまで新車時からの話。車が古くなってくると、エンジンにも様々な隙間ができてきて、オイルもすぐに劣化するようになってきます。

なのでできれば

3ヶ月または5000キロ前後での交換

が理想。ターボエンジンならさらにそれより短い走行距離での交換が望ましいです。

オイルエレメントまで交換しても、せいぜい3,000~5,000円前後で交換できるものです。交換して音が止まるなら安いモンです。長い間交換していないようでしたら、とりあえず今すぐに交換することをおすすめします。

→近所でオイル交換する工場を比較する

その上で直らないようでしたら、以下を読み進めて行って下さい。

異音が発生する原因は?

↑正常な状態の軽自動車用のエンジン↑

内燃機関であるエンジンというものは、金属部品が合わさる構造上、大きな摩擦音や打刻音が生じます。これは実は当たり前のことで、その音を小さくしたり、焼き付きを防止するために、

エンジンオイルで油膜を形成する

のです。これらのことからエンジンの異音の原因は、

・エンジンオイルの不足
・エンジンオイルの劣化
・オイルが流れる経路詰まり
・エンジン内部に傷がある

などの理由によって、

オイルで潤滑できない状況になっている

ということが考えられるのです。そして状況としてはほぼ間違いなくこんな状態になっていることでしょう。

↑異音が発生した同型のエンジン↑

エンジン内部をご覧になられたことのない方でもおわかりかとは思いますが、ヘドロのような鉄粉カスだらけになっているのがわかります。最近のエンジンは

少々汚れていても異音がすぐに出ない

ため、こんな状態になって初めて異音が発生するのです。

変な音が出た時点で、ほぼこうした救いがたい状況になっていることは明白です。

人間の動脈硬化などと同じ

我々人間も動脈硬化を起こすことで、心筋梗塞や脳梗塞になったりする話は広く知られています。

余談ですが、壮年男性に多く見られるED(勃起不全)などの症状も、動脈硬化が原因で、いずれ脳梗塞などになる前兆だとも言われています。

→えっ!? EDは笑えない!やばい病気の前兆なの?

エンジンの血液とも言われるオイルが流れないということは、人間と同じようにいつかはオイルラインが詰まってしまって、やがてはエンジンの停止を招いてしまうのです。そしてヒトとの違いは、

エンジンは自然治癒しない

ということ。

放っておいても良くなることはない

と認識しておきましょう。

エンジン異音を直すにはどうすれば?

ヒトとは違って自然治癒しないエンジン。このエンジンの異音を直すには、基本的には以下の方法が一般的です。

1オーバーホールやエンジン載せ替え

エンジンオーバーホール

オーバーホールなら100%直ります。

オーバーホールとは分解修理のことです。100%直ります。

ですが人間のガン患者のように、レントゲンで映るようならかんたんに病巣を特定できますが、エンジンの場合は少しずつバラしていかないと根本原因を突き止めることはできません。そのため、バラしてみるとこれもあれもといろんな部品がダメになっていて、

とんでもなく高い費用を請求された…

なんて事例も数多くあります。

オーバーホールにかかる費用は

一般的に20万円から40万円以上

とも言われていますが、上限は果てしないものになりますので、詳しくお知りになりたいようであれば、こちらからお進み下さい。

→エンジンOHにかかる費用

中古エンジンに載せ替え

載せ替えでも直ります。…が

最近では、中古エンジンに載せ替えという方法が多く選択されます。オーバーホールではバラしていく過程で、高額な部品の交換が必要になった場合、予算オーバーしてしまう可能性があるためです。

ですからエンジンの載せ替えが選択されるのですが、もちろんこの方法でも確実に直ると言っても良いでしょう。ただしそこはやはり「中古」ですから、載せ替えた後にまたすぐ同様の症状や、中には

違ったトラブルが起こる場合もあります

ので、中古という特性への十分な理解が必要です。

中古エンジンの程度や需給バランスによって金額は変わりますが、エンジン本体が10~30万円前後、工賃が10~20万円といったところでしょうか。

→エンジンの修理工場を近くで探すなら

そして、エンジンからの異音修理の一般的な内容と金額については、こちらで詳しく説明しておりますので参考にしてみて下さい。

→エンジンの修理内容とかかる費用

2エンジンのフラッシング

フラッシングで直る確率は低い

です。なぜなら先述のように、異音が発生した時点ではかなりの動脈硬化が進んでいる場合が多いからで、今さらフラッシングをしたくらいでは治ることはないと言えます。

どうしても格安でなんとかしてみたい、フラッシングをしてみて直らなくても仕方がないと諦められるようなら、一度試してみても良いのではないでしょうか。

→WAKOSエンジンフラッシュ

3オイル添加剤を入れる

こちらも直る確率は少ない

でしょう。音が出る前の対策としての添加剤は有効ですが、音が出てからの添加剤はかえって内部を詰まらせる原因になるものもあります。

エンジン載せ替えを前提にしたり、ダメ元でやってみるには良いと思いますが、効果は期待しない方が良いでしょう。

→WAKOSフォアビークル

愛車の売却も検討しておく

今すぐ売る必要はないけれど…

修理代がいくらかかるというのももちろんですが、最悪高い修理代になったときのために、事前に愛車の値段を確認しておくようにしましょう。

30万円の価値の車に50万円の修理をするなら、80万円の中古車に乗り換えたほうが良い場合もありますよね?

もちろん今すぐ売却するわけじゃないとしても、車の価値を確認することは決して早計なことではありません。むしろ賢いカーライフを送るためには、事前に愛車の価値を把握しておくと損をしないことが多いのです。

気軽にこちらから確認してみませんか?

→愛車の概算価格を見てみる

売れる車と売れない車の違い

また、今現在どんな車が高く売れていて、どんな車が売れないのか、ご興味はございませんか?

こちらでは、古くても調子が悪くても高く売れる車種や、新しくてキレイでも全然安値でしか売れない車のお話をしています。良ければどうぞご参考になさって下さい。

→どんな車が高くてどんな車が安い?

エンジンカラカラ異音のまとめ

異音が発生していて不安。やはりこういう場合、早め早めに対処をするから被害を最小限に食い止められます。

もちろん修理をするのもそう。エンジンから音が出たまま走行し続けていると、いきなり焼き付いて止まることだってあります。そうなると間違いなくエンジンの載せ替えを宣告されるでしょう。

車の売却だってそう。今ならまだ売れるかも知れないのに、のんびりしているといつの間にか症状が酷くなって、

不動車扱いにされて売れなくなるかも

知れません。

結論を出す準備をお早めに

すぐ修理しろ!ではなく、すぐに売れ!でもありません。

大事なのは修理代の見積もりと、万一売却したらどれくらいで売れるかの目安を知ることです。

どうやって費用をかけずに対処するか

が肝心です。なくてはならない相棒である、愛車と付き合っていくためにも、その価値を知っておきましょうというお話でした。

少しでも参考になりましたら嬉しく思います。

運営者情報

おすすめの記事